強い意志で節約しよう

普及率から見た今後の問題点

シニア層が増えるかも

やはり目で見て買いたいと言う人が多い中シェアを増やすのはまだまだ改善も必要なネットスーパ
ーですが、今後はどの様に展開していくのでしょう。
現状は利益があまり多くはないようですね。
逆に言えば今力を入れているので利用したらお得かも知れません。
配送や人件費に結構費用がかかっているネットスーパーですから、多くの人が利用することによって商品価格が下がったり、サービス向上する可能性もあります。
特にシニア世代が増えてくることも考慮するとより使いやすさが追及されると想像できます。
介護まで行かないまでも、買い物がしんどいからと増えるかもしれません。
シニアばかりでなく、アパートやマンションにエレベーターがついてない場所などは重い荷物は大変ですから配達してくれるのは助かりますね。

ユーザーを増やすポイント

将来的に必ず黒字になると期待して多くの大手企業が参入しているネットスーパー。
生鮮食品も実はかなり良いものが届くと聞いています。
プロフェッショナルが選んでくれるからですね。
いいものが届かないではネットではすぐに評判になり買い手がつかなくなると言います。
スーパーの混雑したレジに並んでいらいらすることもありません。
現状ではサービスデイ割引が付かないとか、商品がリアル店舗より若干高いなど、便利さ+節約につなげるには何よりも多くの人に利用してもらうことかもしれません。
しかしながらリアル店舗との共存ですから、ハードルは高いですね。
ごく最近では大手通販サイトと大手料理サイトのコラボマーケットができたようです。
食材と料理は切り離せませんから素晴らしいアイデアでしょう。
このようにまだまだ進歩するネットスーパーをまずは利用してみるのもいいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る