相対的に見るFX | FXで考えられる損をしてしまう人の特徴

FXをより安全に運用したいあなたへ!

徹底比較!仮想通貨とFX

仮想通貨とはそもそも何か

まずは仮想通貨について見ていきましょう。
仮想通貨の浸透率をみると、先進国ではおもに投資用通貨として、南米諸国ではむしろ日常の決済用通貨として広く普及している傾向が強いようです。

先進国における仮想通貨は依然として投資通貨としての側面が強いものの、主要な外資系コーヒーチェーンなどが仮想通貨による決済システムを顧客の利便性を高めるために導入したりと、仮想通貨の標準化に向けた土壌はすでに出来上がっていると見られています。

年齢別でみると40代から50代の普及率が最も高く、おもにビジネスでの投資用として保有しているケースが多いようです。
この年代はビジネスとコンピュータの知識が豊富なため、仮想通貨の概念をスムーズに理解することができるのでしょう。

今後は仮想通貨の黎明期を皮膚感覚で知っている30代への普及が仮想通貨トレードの未来を左右すると言われています。

仮想通貨とFXの違いとは?

仮想通貨トレードとFXの本質的な違いといえばまず、市場の安定性です。
FX取引では株式投資と同じく政府の金融政策の影響を受けるため、市場の独立性が損なわれる反面、価値が極端に暴落するリスクが少ないという安心材料もあります。

一方、仮想通貨は純粋な需要と供給のバランスのみで通貨価値が決められるため、市場の独立性が担保される反面、通貨価値の急激な変動が免れないという側面もあります。

このことから、日本国内は仮想通貨トレードは上級者向けと認識されているようです。
ただ、もちろんFX取引にも一定のリスクがあり、基本のところを理解しないまま投資を行うと高い確率で失敗してしまいます。
まずは必須となる基本用語を習得し、信頼できるブローカーと契約することで、万一取引で大きな損失を出してもリカバリーしやすい状況をととのえておきましょう。


この記事をシェアする